山本夏彦の本
オーイどこ行くの
山本夏彦の本 つかぬことを言う 表紙
山本夏彦の本紹介 山本夏彦の本 かいつまんで言う
コラム名言 山本夏彦の本 ひとことで言う
人気投票 山本夏彦の本 その時がきた
リンク集 山本夏彦の本 オーイどこ行くの
更新履歴 山本夏彦の本 編集兼発行人
サイト説明 山本夏彦の本 ダメの人
 「山本夏彦の本 つかぬことを言う」のリンク集。  オーイどこ行くの?・・・・・・・ サテ、どこ行きましょうか。
 ■ ・別棟・ 是非覗いて観て下さい ■
 工房藤棚のブログ。CastPuzzle(キャストパズル)を主題にしているが、
 日々の想いなども綴っているので、是非ご覧下さい。なお、キャストパズルとは
 金属製の知恵の輪風パズルで、これも面白く愉しいので一度お試し下さい。
 漢字検定を極めようと「完全征服への道」と謳った、漢字検定全般を扱うサイト。
 2級体験記から漢字関係の本紹介、難読漢字まで盛り沢山で、受検も進行中。
 ■ 「山本夏彦の本」関連 ■
 山本夏彦翁は「週刊新潮」に『夏彦の写真コラム』を23年余り連載し続けた。
 「週刊新潮」は創刊50周年を迎えた。
 『年を経た鰐の話』は初め「中央公論」に掲載され、文庫本の出版も多い。
 初期の作品が改版として文庫本で新たになったのも嬉しい。
 山本夏彦翁は「文藝春秋」に『愚図の大いそがし』を
 「諸君!」に『笑わぬでもなし』を永く連載し続けた。
 リンク無し。ご存知、山本夏彦翁が創刊し、育て上げたインテリア雑誌。
 残念ながら、平成18年2月28日発行の3月号(bU15)をもって休刊中。
 ホームページも閉鎖してしまったが、名前だけは残しておきます。
 リンク無し。山本夏彦研究サイトとして質の高いサイトであったが、何故か
 閉鎖してしまった。復活することを期待して、名前だけは残しておきます。
 ■ 書 評 ■
 多数ある書評サイトの中で群を抜く趣味の好さに脱帽。もし、もっと前にこれを
 知っていたなら、本サイトも少しは洗練されていただろう。中身も愉しめる。
 残念ながら、現在は休止中なので再開を待ちたい。
 内容の豊富さは流石で、半端な情報量ではなく、尚且つ分りやすく整理され
 一つの指針となりうる。山本夏彦さんの「最後の波の音」の書評もある。
 洒落た書評、読書履歴サイト「本が好き!お気軽読書日記」。企画の「本を
 もって集まろう」がユニークであり、いつまでも続けて頂きたいものである。
 ■ 作家別 ■
 坂口安吾ファンサイトであるが、これは格好良い。始めて観た時は驚いた。
 坂口安吾さんに興味が無くても一度は訪れてみて下さい。スタイルから
 独創的であり内容もあり、その上に創作まである。感心することしきりである。
 吉行淳之介ファンサイト。この中の『プロフィール』が巧い。『−today−』も
 いいですね。吉行淳之介氏は「年を経た鰐の話」に解説を寄せてくれている。
 小林一茶の俳句を題材にした楽しいWEB絵本。曰く言い難い面白みがある。
 これをもっと練り込み磨けば、本当に愉しいサイトになると思えるが更新がない。
 ■ レザークラフト ■
 趣味のレザークラフトのサイト。自分でサイトを作ったら恩返しのつもりでリンクを
 張らせて頂きたかった程、凄い。この感性にはどんな事をしてでも追い付けない。
 大変勉強させて頂いたサイト。道具もここにお世話になりました。
 レザークラフトの情報量は半端じゃない。いつまでも更新を続けて下さい。
 ■ バードカービング ■
 趣味のデコイのサイト。作品の完成度の高さはとても並ではない。
 ただこのサイトはしばらく更新されていない。他に興味が移ったのか、
 別のサイト「独坐 大雄峰」もある。かなりの風流人であろう。
 ■ 文 藝 ■
 本を愛する人のスーパー総合サイト。古書を探す時のガイドとなりうる。
 「作家別サイトリンク集」も参考となり、古本収集には不可欠なサイトである。
 東京都古書籍商業協同組合インターネット運営委員会が運営するWEB上の
 古本屋で、取引は個別に行う。探したい本が結構ヒットする有難いサイトである。
 文芸関係の検索サイト。意外なサイトが見つかるかもしれない。
 ■ 相互リンク サイト ■
    募 集 中  相互リンクサイト
本サイトはリンクフリーです。御自由にリンクして下さい。特に連絡も必要ありません。
リンクして頂ける時は、右をお使い下さい。山本夏彦の本 つかぬことを言う  サイズ変更も任意で。
編集兼発行人:工房藤棚  Copyright(C) 2005-2013 工房藤棚 All Rights Reserved カウンタ